メガで働く人たち
ご利用者とともにつくりあげる
「サバティ」のサービス
介護リハビリトレーナー

株式会社メガ 介護グループ

中途入社2年目

新しい形の介護サービス、「パワーリハビリテーション」

「機能回復リハビリスタジオ サバティ」(以下、サバティ)でご利用者の皆様のサポートを行っています。同サービスは、「パワーリハビリテーション」という、専用のトレーニングマシンを使ったリハビリ手法を中心に、高齢者の皆様をサポートする新しい形の介護サービスです。2013年に高知県で第1号店を出し、1年後第2号店として出店したのが、現在私が勤務している神奈川秦野中井店。私はそこで、ご利用者の方のパワーリハビリや入浴、施設内移動、送迎のサポートを行っています。1日のご利用人数は20~30人ほど。人生の大先輩であるご利用者の皆様が1日楽しく過ごしていただけるよう、お手伝いをすることが使命で、常に尊敬の意を忘れず、笑顔でいることを一番に心がけています。

一人ひとりに合わせたケア・対応に最大限の気を配る

介護サービスの現場で働いてから実感したことは、ご利用者の方一人ひとりに合わせたケア・対応が必要であるということです。これは、どんなサービスも当てはまることかもしれませんが、介護サービスは特に顕著だと感じています。例えば、同じ認知症と言っても重さ・軽さがあるし、また症状が軽い人だからといって気を抜くことはできません。人それぞれその日の状態もありますし、そういう細かいところに気を配ることがとても重要で大変なことなんです。

でも、そうして得られたご利用者の方の笑顔はわたしにとって最高のやりがいになっています。ご家族の方からの、「おじいちゃんが笑顔になった。」「おばあちゃんがサバティをとても楽しみにしています。」などの感謝のお言葉もたくさんいただいており、そのたびに、この仕事をやっていてよかったな、としみじみ感じています。

サバティの“元気の相乗効果”を多くの方へ

サバティの良いところは、フロアの雰囲気がとても明るいこと。スタッフはもちろんのこと、ご利用の皆様もとても元気で明るいんです。そんな雰囲気が自然とご利用者の皆様の笑顔につながり、相乗効果になってご本人自身を元気にしていっています。午後にはいつも皆でレクリエーションを行うのですが、その企画もご利用者の方と一緒に考えたりと、スタッフとご利用者と一緒に作り上げている笑顔であふれる施設なんです。

当初からサバティは介護業でありながら「サービス業」である方針を重視して店舗運営をしてきました。ご利用者の皆様の安全には最大限配慮しながら「どのように応待したら喜んでもらえるか?」「満足してもらえるか?」という意識をスタッフ全員が高いレベルで持ち、日々仕事に励んでおります。

今後は、そんなサバティの店舗を展開していき、全国の高齢者の方を元気にしたいと思っています。さらには、入居型施設の経営も視野に入れ、様々なニーズに対応できるよう、取り組んでいけたらと考えております。秦野は海山近く、とても良いところです。是非遊びにきてくださいね。

プロフィール

介護スタッフとして、普段はご利用者様のパワーリハビリ・入浴・施設内移動・送迎のサポートを中心に、介護業務全般を行っている。ケアマネージャー向けの営業活動も行っており、「サバティ」を地域の方に親しまれるサービスとなれるよう、日々奮闘している。