メガで働く人たち
マレーシアで築く、
日本人としての繋がり
海外子会社 代表取締役

Mega Global Media Malaysia Sdn. Bhd.

新卒入社7年目

マレーシアの日本人向けフリーペーパーといえば、Weekly M Town

Mega Global Media Malaysia Sdn. Bhd.(以下MGMM) は、マレーシア在留邦人様および日本からの短期滞在者様向けに、週刊情報誌 「Weekly M Town(エム・タウン)」の企画・制作・発刊を行っています。現在スタッフは5名。私はその5名のスタッフとともに、フリーペーパー広告掲載の営業や、経理などの管理をしながら、スタッフの採用や育成も行っています。

「Weekly M Town」は、マレーシアに住んでいる・または滞在している日本人の方へ向けて日本の最新情報やマレーシアのローカルニュースなど様々な情報を週刊でお届けしています。

フリーペーパーなので、街角の店頭などで誰でも手に取って読むことができる情報誌です。

MGMMを立ち上げてから1年が経ちましたが、「Weekly M Town」は、今では「マレーシアの日本人向けフリーペーパーといえば、Weekly M Town」と言われるほど、現地で有名な媒体へと成長することができました。

これもひとえに、様々なチャンスをくださったお客様と、Weekly M Townを楽しみにして下さっている読者の皆様、そして支えてくれているスタッフたちのおかげだと思っています。

“顔”として会社を動かすということ

この1年間は、本当に様々な経験をさせていただき、多くのことを学びました。お客様からお褒めの言葉をいただいたり、逆にお叱りを受けたり・・・。何気ない一言で会社へこんなにも大きな影響を与えてしまうのか、と経営者としての影響力を感じる日々でした。

しかし、その経験のおかげで、言動がどう影響するのか、どう見られるのか、なんとなくバランスがわかってきた気がします。お客様に対しても、スタッフに対しても、言動にはいつも気を遣うように心がけています。私はもともと、仕事やプライベート関わらず、お客様と”仲良くなる”ことが好きなんですが、時々お客様と何気なく話していたことが仕事のアイデアに繋がったりすることもあって、今では、会社の顔としての自分を楽しめるようになってきたように思えます。

“言いたいことを言い合える環境”と“人とのつながり”を大切にしたい

経営者としてのやりがいは、自分のアイデアが業務や会社の方針にダイレクトに反映できることです。MGMMでは、スタッフ全員が責任感を持って仕事に取り組んでくれています。お互いに意見を交わし議論しながら、皆で会社の業務や方針について決定しています。今後もそういった、”言いたいことを言い合える環境”を大切にして皆で会社を成長させていきたいと思っています。

そして、人の繋がりを作っていけることもやりがいになっています。Weekly M Townの知名度が上がってきた分、お客様からの紹介案件も増えてきました。それによって、現地の日本人とのつながりも多くなってきていて、MGMMの代表として人とつながりを持てることがとても嬉しいんです。

現在、東南アジアの経済は急成長を遂げています。それに伴い、MGMMでも今後はマレーシアだけではなく、東南アジアでのシェアを広げていきたいと考えております。他にも今のサービスをいかに応用・発展できるか色々考えているところです。

MGMMがどこまで成長できるか、私自身とても楽しみです。

プロフィール

6年間システムサポート部門で営業を経験し、2015年にグループ会社、Mega Global Media Malaysia Sdn. Bhd.の立ち上げに参加。5名のスタッフとともに、フリーペーパー広告掲載の営業・スタッフ育成・業務管理から中長期事業計画立案まで、経営者としての業務すべてをこなす。